カードローンの利子が高くなった?

カードローンの利子が高くなった?

カードローンを選ぶ際に気になるのが利子です。昨今の利子はいったいどれくらいでしょう。ここではカードローンの利子について紹介したいと思います。

まず、カードローンのポイントや利子は、契約内容によって大きく異なるということを知っておきましょう。サービスを運営する会社によって異なりますし、あるいは借入額などによっても異なります。

ですから、カードローンの利子は、実際に審査を受けてみないと分からないという事が多いようです。審査に通過してから、どくらいの利子で借りることができるかということが分かりますから。

ただし、一般的に言うと、借り入れ限度額が大きいほど利子は低いという傾向があります。借り入れ限度額は審査によって決まりますから、審査には通ればよいというのではなく、借り入れ限度額の大きい審査に通るほうがよいという事です。

もちろんですが、借り入れ限度額を大きくしようと思うと、厳しい審査に通らなければなりません。つまり、厳しい審査基準に通ることができれば、ローンの利子は低くてすむとういことです。



それとは別に、利子を低く抑える方法があります。利子は、利率を日割り計算で行いますから、借りている期間が短いほど利子は低く、長いほど利子は高くなります。ですから借り入れする場合には、できるだけ早く返す事ができるように計画しておきましょう。

借り入れ限度額がある程度大きい場合には、利子は低くなると言いましたが、高くなることがあります。それは、延滞したときです。カードローンの契約 にはたいてい遅延損害金や遅延利率というのが盛り込まれています。これは、返済期日に返済できなかった場合に、利子を高くするという契約です。

カードローンは手軽に利用できるため、あまり深く考えずに借り入れをしてしまう事が多いようですが、返済期日までに返済できなかった場合には、かなり高い利子を払わなければならないという事を覚えておくべきです。

これらの事は契約書にかならずかかれていますから、契約書にサインする前にきちんと呼んでおくべきですし、すでにカードローンを利用しているという人は、契約書をもう一度契約書を読み直してみましょう。

TOP
カードローンの最初の不安消費者信用システム・キャッシングによる境界キャッシング用のアプリケーションを単純化